ブログ

緊急事態宣言の発令を受けまして

日頃より弊社の福祉サービス事業にご協力いただきありがとうございます。

福岡市内の感染者数については、これまでを大きく上回るペースで増加し、8月18日に過去最高の625人となりました。このような状況等を踏まえ、福岡県に対して本日8月20日から緊急事態宣言が発令されました。 現在、感染力の強いデルタ株の陽性割合が急激に上昇しており、保護者の世代や児童にも多数の陽性者が確認されています。このような状況では、児童から児童に感染し、その保護者や保護者の職場に感染が広がるという、障がい児福祉サービス事業所を起点とした感染拡大が発生するおそれがあり、事業所としても改めて感染対策を徹底する必要があります。各事業所におきましては、日頃から感染対策を実施しているところですが、現在の感染者数の急増等を踏まえ、事業所内での感染を広げるこのことのないよう、支援の実施にあたっての留意事項は職員へ周知徹底してまいります。各ご家庭におかれましても、日頃から感染対策にご尽力いただいているところですが、さらなる感染症対策の実施と健康観察によりご家族にも異常が見られる場合には、ご利用の自粛をお願い致します。

【対応内容】

(1) 利用者様及び利用者様の同居するご家族等が、新型コロナウイルスに感染した場合

 ・ 利用を控えて頂き、保健所からの指示にて対応致します。

(2) 利用者様のご家族等の職場、利用者様の学校等で新型コロナウイルスの感染が発生した場合

 ・ 必ず報告をお願い致します。

 ・ 結果(PCR検査受診の必要性の有無、またはその検査結果)が分かるまで,利用を控えて頂きます。

① PCR検査受診が必要のない場合は、通常通り利用をして頂きます。

② PCR検査受診が必要な場合は、保健所からの指示に基づいて対応致します。

(3) 事業所内で職員もしくは利用者様の、新型コロナウイルス感染の濃厚接触が疑われる場合、確認された場合

① 状況を各ご家庭へお伝えし、翌日から保健所の指示があるまで閉所致します。

② PCR検査受診が必要な場合は、保健所からの指示に基づいて対応致します。

③ 検査結果と保健所からの指示に基づいて、開所日をご連絡致します。

あいらっこ・あいらっこハウスでは、必要なサービスを継続的に提供するために、利用者様やご家族の状況を踏まえ、可能な場合には利用者様に対しては通所の自粛をお願いしつつ、引き続き感染防止対策を徹底し運営してまいります。

ご家庭においても健康管理にご協力いただき、利用者の皆様や ご家族の体調に変化があった際やPCR検査を受診される際は、速やかに施設宛て

(代表電話:092-410-7442)にご連絡くださいますようお願い致します。

関連記事

ページ上部へ戻る